読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LM314V21

アニメや特撮やゲームやフィギュアの他、いしじまえいわの日記など関する気ままなブログです。

ウレぴあ総研「【特撮ヒーロー】大人になった今こそ聴くべし! 「特撮ソング」の魅力4つ」私も挙げてみた!

http://ure.pia.co.jp/articles/-/41863

特撮ヒーロー番組の主題歌"特撮ソング"。メイン視聴者である子どもたちに向けた楽曲だからといって、決して侮ってはいけません! 大人だからこそ響く、大きな魅力が特撮ソングにはあるのです。そんな魅力を熱っぽくご紹介いたします!


 興味をそそるタイトルだったので読んでみました。要約すると、魅力4つについては以下の通り。

ポジティヴでエネルギーに満ちた歌詞が素晴らしい!

力強く勇壮なメロディーが活力を与えてくれる!

多様な音楽ジャンルにアプローチした音楽性が凄い!

青春時代に聴いていたあのバンド、ミュージシャンが参加している!


 1〜2については同意です! 3は、まあそうかな? 4つ目については、むしろ特撮ソングのジャンルで活躍した人が自分の思い出の人になっていくので、個人的にはどうでもいいけど、人によっては嬉しいのかな。
 で、せっかくなので私も各項目についておすすめの曲を挙げてみようと思います。

  • ポジティヴでエネルギーに満ちた歌詞が素晴らしい!

 その通りですね! 特撮ソングの素晴らしい点です。著者の方は「魔法戦隊マジレンジャー」を挙げていますが、確かに明るくいい曲で、私も好きです。
 で、私は同じく戦隊ものの「激走戦隊カーレンジャー」から、「絶対勝利だ! VRVロボ」を挙げたいと思います(他にも候補は死ぬほどあるんですが)。



 戦隊シリーズにはつきものの、主人公たちが乗るロボットを褒め称える歌のうちの1曲です。「激走戦隊カーレンジャー」自体がコミカルだけどカッコイイというコンセプトの戦隊なのですが、楽曲もそのコンセプトに準じており、曲も歌詞も(ちょっとコミカルだけど)ストレートにポジティブでカッコイイです。
 特にCメロの「戦うぜ 戦うぜ もっと 戦うぜ 勝利が似合う 俺たちだから」というフレーズがずば抜けてカッコイイですね。激走戦隊カーレンジャーが秘めた、ヒーローとしての自負と人々を守る責任を、ちょっと自意識過剰気味にバカっぽく歌い上げるバランスが最高です。こういう、背負いすぎない(フリをする)ヒーローには弱いですね。私はここのパートになるといつもちょっと涙ぐんじゃうくらいテンション上がります。

  • 力強く勇壮なメロディーが活力を与えてくれる!

 作品にもよりますが、先ほどのカーレンジャーと同じく、特撮ソングはやけに荘厳な曲があるのも特徴かもしれないですね。著者の方が紹介する「ゴジラVSメカゴジラ」のメインテーマも、そうかもしれないです(ソングではないけど)。
 私は、同じくスーパー戦隊の「星獣戦隊ギンガマン」から「銀河炸裂」を挙げます。



 よく変身シーンなどで流れていた「星獣戦隊のテーマ」というメインテーマのアレンジバージョンです。メインテーマも疾走感があってかっこいいのですが、「銀河炸裂」はテンポがゆったりになり、伴奏がオーケストラになることで勇壮さがかなり増しています。特に弦楽器のパートに入ったところはやばいですね。
 この曲は主人公の語りのシーンなどでよく流れていた気がします。ギンガレッド・リョウマがお兄さんと再会するシーンでも流れていたかな。傷だらけで、常に自分よりも強く大きな敵に立ち向かうギンガマンたちの姿を思い出し、熱くなりますね。


  • 多様な音楽ジャンルにアプローチした音楽性が凄い!

 著者の方は「ミッドナイトデカレンジャー」や「ニンジャ! 摩天楼キッズ」を挙げていますね。
 私も忍者戦隊カクレンジャーのOPなんか、B'zの「太陽のkomachi angel」に似てるなあなんて思うのですが、かぶってるので他の曲をチョイスしたいと思います。
 スーパーロボットマッハバロンのOP曲「スーパーロボットマッハバロン」です。



 こういう曲ってなんていうんだろう? ロカビリー?? とにかくロックンロールな感じです。1974年の番組主題歌にしてはあまり古びれた感じがしませんね。
 逆に、1987年放送なのに何故か演歌っぽい「超人機メタルダー」OP「君の青春は輝いているか」もかなりオツです。特にCメロの、曲調がちょっとマーチっぽくなるところなんかが最高ですね。あと、歌詞が説教すぎるのも他に代えがたい味があります。
 余談だけど、マッハバロンとメタルダーって13年しか離れてないんだ…メタルダーの方がずっと新しい作品だと思ってた…


  • 青春時代に聴いていたあのバンド、ミュージシャンが参加している!

 うーん、これは個人的にはどうでもいいのですが、強いて挙げるとすると、V6が歌う「TAKE ME HIGHER」や、田中昌之(クリスタルキングの声の高い方)の「ウルトラマンガイア!」なんかいいですね。
 どちらも有名な人がやってるからいい、というよりは、ちゃんとヒーローの雰囲気に合っていてカッコイイから好きですね! 特撮ソングは誰が歌っても、よければOKです! 逆に、ちゃんと番組タイトルや固有名詞が入っていても、そのヒーローがかっこよく感じられない曲は、タイアップだろうがそうでなかろうがイマイチですよ。




 という感じでした。
 なんか偏ってしまった上に、本当に好きな曲があんまり挙げられなかった気もしますが、4つの魅力というテーマに即してみるとこんな感じかと思います。
 他にもすごいいい歌・曲はたくさんあるので、みなさん自分のベスト特撮ソングを探してみてくださいな。


 ところで、この記事の著者の住吉STRANGERさんという方、サラリーマン兼ライターの方のようですが、こういう仕事もあるんですね。憧れるなあ。


特撮ソング史(ヒストリー)I

特撮ソング史(ヒストリー)I

特撮ソング史(ヒストリー)II

特撮ソング史(ヒストリー)II

特撮ソング史(ヒストリー)?

特撮ソング史(ヒストリー)?

 いいCDでした。オススメ。