読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LM314V21

アニメや特撮やゲームやフィギュアの他、いしじまえいわの日記など関する気ままなブログです。

西宮経済新聞「西宮北口で「涼宮ハルヒの時計塔」復活−ファンに見守られ除幕式」楽しそうで何よりです。

ハルヒ

http://nishinomiya.keizai.biz/headline/116/

 ライトノベルやアニメで人気の「涼宮ハルヒの憂鬱(ゆううつ)」に登場した時計塔が西宮北口駅前の「にしきた公園(西宮市甲風園)」に5年ぶりに復活し、4月12日に除幕式が行われた。時計塔は1993年に設置され、公園改修のために2009年に撤去されていたが、ファンや地域住民の間で惜しむ声も根強く、多くの要望に応える形で西宮市と地元商店街が協力し復活が実現した。


 先日ニュースになっていた掲題の件ですが、先日無事除幕式があったようです。というか、西宮経済新聞というローカル紙があるんだ。アツイな(ハルヒ的な意味で)。
 なぜか写真には宇宙人と未来人と超能力者が写っていますが、肝心の団長や団員その一はいなかったのか?(そこか?)


 (参考)除幕式を一目見ようと多くの住民やファンが訪れた
 http://nishinomiya.keizai.biz/photoflash/245/


 オワコンと言われて久しいハルヒですが、上記写真によると除幕式にはそこそこ人が集まっていた模様。2006年〜2007年くらいの秋葉原とかの熱狂も捨てがたいけど、このくらいの盛況感がハルヒという作品の雰囲気にはしっくりくる感じはありますね。


 (参考)当日限定販売された時計塔の缶バッジ付きハルヒクッキー
 http://nishinomiya.keizai.biz/photoflash/247/


 (参考)時計塔復活記念に珈琲屋ドリームで配布されたステッカー
 http://nishinomiya.keizai.biz/photoflash/246/


 謎の朝倉さん推し。なんか手作りアンド地元密着の盛況感があっていいなあ… それこそ商店街の大森電器店やヤマツチモデルショップが協賛してそうな感じ*1
 原作やアニメの続報がない今、ファンとしてはコンテンツ不足に悩まされているわけですが、こういった方々の活躍により、少なくとも西宮近辺ではまだ熱が冷めやらない感じの模様です。うらやましい。


 オタクというのは基本的に都会に住んでいればそれだけ多くの関連情報や商品、イベントに触れられるため、中央優位という傾向があるのですが(ネットや通販の発達のため、昔ほどではなくなったけど。昔は地方では見れないアニメや買えないグッズが本当に多かった)、ハルヒに関してはアニメは地域ローカルだったし、聖地となる舞台も地方だし、元々そういった中央優位の文脈からやや外れた作品だった気がします。
 今回のイベントや昨今の西宮の盛り上がりをも見ても「都心にいれば情報やモノやイベントなどすべての面で優位になる、わけではない」というのがまたハルヒっぽいですね。


 あと今回サプライズだったのが、上記の記事を書いていたのが旧知の知人(オタ)だったこと。うーん、オタクが陰ながら社会貢献してるってかっこいいなあ。正義の味方は見えないもんだしな(?)。というか世界って狭いな!


 共に電子書籍版。「観測」でながるんが続きをちゃんと考えているようなことを言っていたので、おれは待つ。


涼宮ハルヒの憂鬱 涼宮ハルヒ バニーVer. (1/4スケールPVC塗装済み完成品)

涼宮ハルヒの憂鬱 涼宮ハルヒ バニーVer. (1/4スケールPVC塗装済み完成品)

 憧れの一品。わたしももうおとなになったし、そろそろ買うか…(どこに置くのか)

*1:なお正確には、大森電器店とヤマツチモデルショップの元になっているお店は、劇中でキョンたちが電車で乗り継いで向かっている通り、西宮ではなく尼崎にあります。