読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LM314V21

アニメや特撮やゲームやフィギュアの他、いしじまえいわの日記など関する気ままなブログです。

入籍とかメカニカルステッキとか愛してナイトとか。

日記

 急なご報告で私自身もややてんてこまいなのですが、掲題の通り入籍いたしました。お相手は一般の女性です。これまでそれなりに仲良くやってきているので、これからもそれなりに仲良くやっていけるのではと自負しています。
 彼女の難点はガンダムを見たがらないことくらいで、他は特に申し分ない、自分にはもったいない相手だと思います。まあ、付き合い始めてから今に至るまで「倉田てつを」「新造人間キャシャーン」「天空のエスカフローネ」「結城信輝」「承花」「アヴポル」など、彼女の語彙は赤ん坊のように急成長しているので、ガンダムを見るようになる日もそう遠くはないかと思います。



 さる9月1日に入籍も済ませたのですが、その夜に自宅の人間をダメにするソファにつまずき左足を捻挫、右足親指・左手中指を突き指するという惨事に見舞われました(今もまだ痛みます)。結婚初夜からこれか。現在は会社の先輩が2年前に靱帯断裂した際に知人よりいただいたメカニカルステッキをついて出社する毎日です。このメカニカルステッキ、手元にボタンがあったり液晶ディスプレイがあったりつく度に「カシャッ」と超かっこいい音がする割に、電池の入れ方も動作のさせ方もわからないため無意味の長物になているという、ファーザーの頭の上の回転灯みたいなシロモノです。しかも医療系企業開発室による試作品で、この世に二つとない逸品なのだとか。どれだけ厨二心をくすぐるアイテムなんだ。

 ところで、英語で「Break a leg」というと「Good lack」と同じ意味なのだそうです。なぜそのような言い回しになったのかは不明ですが、Facebookで「おめでとう、まさに"Break a leg"、幸先いいね!」と励ましてくださるハイソな知人に恵まれたことを幸運に思うべきなのでしょう。


 で、その痛みも止まぬうちから、日本時間で9月10日つまり明後日にはハネムーンでイタリアはローマ・フィレンツェベネチアナポリ9日間の旅に行ってまいります。なんでも彼女の人生の目標の一つだったとのことで、松葉杖や車椅子をチャーターしてでも決行するとの勇ましさです。ほれぼれしますね。
 個人的には日本大好きで海外にはほぼ無関心だったためイタリアにもさしたるモチベーションもなかったのですが、友人のもっくんが同じくイタリア旅行で購入したという皮バッグが非常にイカしていたため、現在は皮バッグ購入という崇高な目標を掲げています。またイタリア人はマジンガーZが好きという謎情報を入手したため、マジンガーZがプリントされたTシャツを着てローマの街を練り歩くという偉大な目標も設定できました。


 もし強盗に襲われても、下記サイトから鑑みるにイタリア人はマジンガーZが大好きなようなので、「Zのテーマ」*1を高らかに歌えば許してくれそうだし、安全で有意義な旅になりそうです。


 (参考)「イタリアのファンが作った『実写版マジンガーZ』がなんだか凄い」:海外の反応
 http://asnyaro.blog129.fc2.com/blog-entry-1085.html


 というわけで、もしいしじまえいわが還らぬ人になった場合は、たぶんマジンガーZよりも勇者ライディーンとかが好きなイタリア人にぬっころされたものと思ってください。まあ、ライディーン好きでも仲良くはなれると思うけど。
 ちなみにイタリア人は「愛してナイト」が一番好きであるという謎情報もあり、こっちだといしじまえいわでも太刀打ちできず惨殺必至かも…世界は広いぜ。


 (参考)イタリア人に一番愛された日本アニメ?!
 http://ciuffo.exblog.jp/21666099


 (参考)愛してナイト OP ステレオ


 なお、結婚式はこじんまりと実施の予定ですが、お披露目パーティ的なものはやりたいと思っています。ただ、宗教上の理由で式が来年になりそうなので、お誘いするのは結構先になるかもしれません。誘われそうだなと予感の皆様は、ごゆるりとお待ちくださいませ。


 また、ドラクエXというオンゲーの中で先に結婚式を挙げてしまおうとしております。ドラクエXプレイヤーの方がいましたらお誘いしますので、これを期にフレンドになりましょう。ご連絡くださいませ。



 …とFacebookに書いたのを彼女のお母様に発見されるという周知プレイ*2。まあそんな感じで、今後ともいしじまえいわとLM314V21を宜しくお願いいたします。

*1:マジンガーZの挿入歌。挿入歌なのに1話から流れるのは、元々主題歌として作られたため、とのこと。個人的には主題歌よりお気に入りです。

*2:微妙に誤字にあらず