読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LM314V21

アニメや特撮やゲームやフィギュアの他、いしじまえいわの日記など関する気ままなブログです。

ニコニコニュース「『涼宮ハルヒ』スピンオフ『長門有希ちゃんの消失』アニメ化企画が進行中」思いもよらぬ、とはこのこと!

http://news.nicovideo.jp/watch/nw883611

 ドコモのスマートフォン向けアニメ動画見放題サービス「dマーケット dアニメストア」のサイト上で、本日未明より『涼宮ハルヒの憂鬱』シリーズ最新作『長門有希ちゃんの消失』のアニメ化企画が進行中であることが発表された。


 ハルヒ関連の新作アニメの発表が本日12月18日未明にありました。
 ちょうど『涼宮ハルヒの消失』にてキョンが消失世界に入ったのが12月18日未明のこと。それにタイミングを合わせての発表とは、なかなかハルヒっぽいこだわり方で好感触です。アニメの時のオフィシャルサイトを思い出しますね*1
 あと、dアニメストアというよく分からんメディアで展開するのも、地方局から生まれ、Youtubeニコニコ動画などの動画サイトで拡散したハルヒっぽい感じでいい感じです。

 『長門有希ちゃんの消失』は、「ヤングエース」(角川書店)で連載中の『涼宮ハルヒ』シリーズ公式のパロディコミック。平野綾が主人公の声を担当してアニメ『涼宮ハルヒちゃんの憂鬱』のスピンオフ作品。


 また、今回のアニメ化企画進行中の発表に合わせて dアニメストアでは、ユーチューブの角川アニメチャンネルで配信された『涼宮ハルヒちゃんの憂鬱』と『にょろーんちゅるやさん』の配信も決定した。


 まだまだ根強い人気を誇る『涼宮ハルヒ』シリーズ。最新作となる『長門有希ちゃんの消失』アニメ化の続報を待ちたい。


 正直なところ『長門有希ちゃんの消失』という作品そのものは、あまりにも「消失長門最高」ってだけ過ぎてあまり好きではないのですが*2、また長門キョンハルヒの声が聞けるのであればこの際好き嫌いは言いません。


 そこで問題になってくるのが、誰が作るのか。京都アニメーションなのか、キャストは前作と同じなのかどうなのか。


 もちろんみくるちゃんも含めて元のキャストで、京アニで作ってもらうのが最高なのですが、もしかしたらたとえばFlashアニメみたいなやつで、無声かもしれません。でも、とにかく作品として許せるレベルの何かになってさえくれれば、「京アニ&元キャストのハルヒ復活」または「まったく違うスタッフによる新ハルヒ」と、ハルヒの世界がこれから更に広がる可能性が出てくるわけで、これはもうどっちに転んでも期待しか出来ないというものです。
 ハルヒ2期の前のハルヒちゃん&ちゅるやさんみたいな雰囲気も感じるので、そういうステップだといいんだけどなあ。

いままでのあらすじ

いままでのあらすじ

 
 というわけで、新作アニメが完成したら、dアニメストアとやらにも登録します。未だ見ぬスタッフのみなさん、がんばってください(あと、原作の谷川さんも負けずがんばってくれると言う事なしです)!
 とにかく、原作10周年の年のうちに新展開が迎えられて良かったです!


*1:HPが書き換えられるという物語の進行に合わせて公式ページも書き換えられたり、同じ2週間がループするという内容に合わせて公式ページの内容も変わったり。

*2:消失長門より普通の長門の方がずっといい。というか、「『消失長門みたいになれたらなあ』と希望していた普通の長門」に萌えるのが正しいものの見方だと思う。