読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LM314V21

アニメや特撮やゲームやフィギュアの他、いしじまえいわの日記など関する気ままなブログです。

『エドウィン・ドルードの謎』観てきました!(平野綾さんを観に行ったらダグバがいた話)

日記 特撮

www.tohostage.com

最近喜ばしいことにクソ忙しくなってきたのですが、余裕かまして観劇などしてきました。

年末、平野綾さんの寄席を見に行った時に「今練習している劇はストーリーが288通りあるんですよ」と聞いて興味を持っていたチャールズ・ディケンズ原作のミュージカル「エドウィン・ドルードの謎」です。

 

殺人事件の犯人が観客の投票によって変化し、それ以外の部分もアドリブなどで毎回変わるのがウリの舞台。私の回(4月22日 昼の部)はたまたま「StarS」というミュージカル界のアイドルグループ3人ユニットの方が全員観に来てるというハプニング? がありました。

 

stars-info.jp

(おお、やっぱり有名な方だったんだ。近くに座ってたカップル、サイン欲しいって言ってたもんな)
(調べてみたら、StarSのうち一人の浦井健治さん、仮面ライダークウガ』のラスボス・究極の闇をもたらす者「ン・ダグバ・ゼバ」じゃねーか! 当時から美少年でしたなあ)

 

個人的には、元々推理ものというつもりで臨んだので、劇そのものがStarSさんに引っ張られちゃった結果推理ものとしてはイマイチな感じになり、ストーリーを楽しむという意味ではちょっと残念でした。何度も観に行っている人には嬉しいハプニングだったんだとは思います。

でも、劇の雰囲気やお客さんの反応はとてもよく、歌や演技も素晴らしかったので、観に行ってよかったとは思います! 仕事が立て込んでるのでギリギリまで(やっぱ行くのやめようかな…)と思っていたのですが、ミュージカルという普段全く触れない上質のエンターテインメントに触れて視座も高まった! と思うので、後に続く経験になると思います。

 

お目当てだった平野綾さんは今回特に出番が多いパターンではなかったように思いますが(犯人になってさえいれば!)、アニメ声から急にオペラ歌手の歌に入ったり、声優であることを活かした演技が面白くてよかったです。

帰り道でご婦人方が「アニメ声が急にシリアスな声になったり、あの子すごかったわねえ」と話しながら帰っていたのが印象的でした。やったぜ平野綾

アニメやアニソン歌手としては「舞台やってるから演技力すごい!」となり、劇では「さすがアニメの声優さん!」となる平野綾さんは、いいキャリア形成してるなあと思いました。ご本人は年末の寄席で「私は声優です!」と言っていたけど、あの活動と実力なら確かにアーティストと呼んで差し支えないと思います。

 

あと、メインヒロインという役どころもあってか、他の役者さんにチヤホヤされているのもなんだか見ていて嬉しかったですw まあ、まだ28歳だもんね。

 

というわけで観に行ってよかったーという感じでした。

この後、東京で数回上演したのち地方巡業となりますが、チケットは既にほぼ完売の様子。うまいことチケット入手できた方はぜひぜひ楽しんでください!

 

エドウィン・ドルードの謎 (創元推理文庫)

エドウィン・ドルードの謎 (創元推理文庫)

 

 おお、本あるのか! こっちも読んでみようかしら。