読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LM314V21

アニメや特撮やゲームやフィギュアの他、いしじまえいわの日記など関する気ままなブログです。

Yaho0!ニュース「障害児の出産「茨城では減らせる方向に」 教育委員発言」ちぃ、長谷川智恵子氏(71)と茨城県知事橋本昌(69)おぼえた。

ニュース

わが闘争(上)―民族主義的世界観(角川文庫)

わが闘争(上)―民族主義的世界観(角川文庫)

わが闘争(下)―国家社会主義運動(角川文庫)

わが闘争(下)―国家社会主義運動(角川文庫)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151119-00000006-asahi-soci

 朝日新聞デジタル 11月19日(木)3時0分配信

 茨城県の教育施策を話し合う18日の県総合教育会議の席上で、県教育委員が障害児らが通う特別支援学校を視察した経験を話すなかで、「妊娠初期にもっと(障害の有無が)わかるようにできないのか。(教職員も)すごい人数が従事しており、大変な予算だろうと思う」と発言した。


 Oh、この長谷川智恵子氏(71)の思考、相当狂ってんな。

「妊娠初期にもっと(障害の有無が)わかるようにできないのか。(教職員も)すごい人数が従事しており、大変な予算だろうと思う」


 大変な予算がかかってるからといって、障害者から間引いていこうというのはナチスと一緒。長谷川智恵子氏(71)は今時ナチス党員なのか?

長谷川氏は「意識改革しないと。技術で(障害の有無が)わかれば一番いい。生まれてきてからじゃ本当に大変」「茨城県では減らしていける方向になったらいい」などとした。

 会議後の取材に、長谷川氏は出生前診断の是非などについて「命の大切さと社会の中のバランス。一概に言えない。世話する家族が大変なので、障害のある子どもの出産を防げるものなら防いだ方がいい」などと話した。


 生まれてきてからじゃ本当に大変、家族が大変て、そこをサポートするためにあるのが行政だろ。これ県の教育会議の話だよな? そこで話すことではない。
 というか政府のなかった縄文時代でも障害者サポートしてたんだぞ。アナーキスト以下だな。
 

 (参考)ポリオでも20歳まで生存 縄文時代、家族が介護? 文化財企画「先人たちのカルテ」「病とともに」
 http://blogs.yahoo.co.jp/dokutorukachian/19266961.html

 1966、67年に北海道洞爺湖町縄文時代の入江貝塚で出土し、「入江9号」と名付けられた約4000年前の人骨は、頭部が普通の大きさなのに、両腕と両脚が極端に細い。指や足の骨は、長い年月の間に分解し消えていた。

 何らかの理由で四肢がまひして寝たきりとなり、筋肉が衰えて運動もできなかったため、骨が発達しなかったとみられる。

 鈴木副所長も「家族や集落単位で介護したのだろう。重度の身体障害者を受け入れ、面倒を見続けたことに人間の温かみを感じる」と話す。

 橋本知事は取材に「事実を知って産むかどうかを判断する機会を得られるのは悪いことではない」とし、長谷川氏の発言に「問題はない」と話した。


 長谷川智恵子氏(71)がヒトラー信者なのか、行政の存在意義を理解していない中学生以下の知恵しかないのか、はたまた両方なのかは分からないけど、まあ委員会に召集された側なのでそういった人が紛れ込んでしまうのは仕方ないと言えば仕方ない。けど、彼女を県知事が庇うとしたらさらに問題ですね。


 個人が産むかどうかの判断をする機会を得ることと、長谷川氏の言う通り行政の方針として「茨城県では減らしていける方向になったらいい」とするのは、問題設定が全然違う。前者は問題ないとしても後者は大問題だろう。この二つの要素を同一視するのは、非常に幼稚なレベルでの論理のすり替え。
 まあ、長谷川氏を「問題はない」としている時点で、茨城県知事橋本昌(69)も同じ考えをもっているということですな。


 茨城県のみなさん、現知事の行政センスは相当やばいので、早く引っ越すか次の選挙で落選させるたした方がいいですよ。そのうち人種で分けられたりガス室送りにされたりするかもしれません。歴史は繰り返します。


縄文人に学ぶ (新潮新書)

縄文人に学ぶ (新潮新書)

つくられた縄文時代: 日本文化の原像を探る (新潮選書)

つくられた縄文時代: 日本文化の原像を探る (新潮選書)