読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LM314V21

アニメや特撮やゲームやフィギュアの他、いしじまえいわの日記など関する気ままなブログです。

YOMIURI ONLINE「進学校野球部の高2自殺、直前に監督叱責…岡山」

ニュース

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130213-OYT1T00467.htm?from=ylist

 岡山県岡山操山(そうざん)高校(岡山市中区)の野球部マネジャーだった2年男子生徒(当時16歳)が昨年7月に自殺していたことが、13日わかった。


 生徒は同部監督を務めていた男性教諭から厳しく叱責を受けていたといい、県教委は「行き過ぎと言われても仕方のない指導や発言はあったが、指導と自殺の因果関係は分からない」としている。


 県教委によると、野球部の選手として活動していた生徒は、昨年6月に退部。7月23日にマネジャーとして復帰したが、3日後の同26日朝、岡山市内で自殺していた。亡くなったのは前日とみられ、遺書はなく、携帯電話のメールも消えていたという。


 県教委は生徒の両親の要望を受け、昨年10〜11月に部員全員に対する聞き取り調査を実施。その結果、生徒は復帰した日に監督からミーティングで「マネジャーなら黒板くらい書け」と叱られたほか、自殺直前の7月25日にも練習中に「声を出せ」と注意を受け、練習後、一人呼び出されて怒られていたことがわかった。生徒はその日の帰宅途中、同級生に「俺はマネジャーじゃない。ただ存在するだけ」と漏らしたという。


 調査では、監督が練習中に、別の部員に対して「殺す」などの言葉を使ったり、パイプ椅子を振りかざしたりしていたことも判明。県教委に対し、監督は「気合を入れるためで、厳しい指導や叱責は指導の一環だ」と説明したが、11月中旬に監督を退いた。


 県教委は「ご両親が納得されていないことは承知しており、意向があれば第三者調査委員会の設置なども検討する」としている。同校は県内有数の進学校
(2013年2月13日11時21分 読売新聞)


 自分の母校がニュースになっているからなにかと思ったら、悪いニュースでした。


 該当の生徒は、1回顧問に嫌気が差して野球部を退部した後に再度マネージャーとして入部しているということは、かなり野球が好きだったんじゃないかと思う。別に甲子園とか目指す類の野球部でもないんだから、好きなようにやらせればいいのに…と思わずにはおれません。


 さらにけしからんのは、この事件が起きたのが昨年の7月で、こうやってニュースになるまで半年以上も経過しているということ。どうした操山。残念すぎるぞ。県の教育委員会も「ご両親が納得されていないことは承知しており、意向があれば第三者調査委員会の設置なども検討する」とかアホなのか? 電車の車掌さんは、お客様の意向があれば運転したり停めたりしている、とでも思っているのか?


 さらにさらに問題なのは、この男性教諭とやらの実名が報道されていないこと。隠す必要がどこにある? 「行き過ぎと言われても仕方のない指導や発言はあった」とある割にはこの男性教諭が処分されたとかクビになったとかどこにも書かれていないのでどうやら在職中のようだけど(これも大問題だ)、今後この教諭が転勤になった時など、他の生徒が同じ被害に遭わないためにも名前は公表すべきだと思うんだけど。



 もう何から何まで残念すぎる。大都会よ、妙ちくりんなプロモーション活動なんかやってないで、こういうところから襟を正して、出すべき膿はしっかり出してください。


SUPER BEST

SUPER BEST

 ブルーハーツハイロウズ甲本ヒロト氏の母校でもあるんです。返す返す残念。